契約から決済の期間が日があいても大丈夫? 長野で、中古住宅の購入を

契約から決済の期間が日があいても大丈夫? 長野で、中古住宅の購入を検討していて目をつけた物件があります。
まだ売主が居住中(お年寄り夫婦)で、売りに出した理由を不動産屋に聞いたところ
「病気で余命があとわずかなのでここを売り払って東京の娘夫婦のところで住みたいと聞いている」とのこと。
昨年の夏に1800万で売っていたが、この3月に1400万まで価格を下げています。
てっきり急いで売りたいのだろうなと勝手に思っていました。
内覧の際に売主のおばあちゃんに聞いたところ、
「娘の家が都の公園建設用地の立ち退き対象になり、5月に立ち退き料が決まる。
だから今は新しい家の土地探し中で、ここが売れたら家が建つまでしばらくはこの近くのアパートで暮らすつもり。」だとおっしゃるのです。
80歳をゆうに超えた老夫婦が、わずかの期間ではあるにせよアパートで一から生活するのを考えると
かわいそうで、いくら気に入った物件だからと言って、すぐに入居する気持ちにはなれません。
(昨年夏に売り出した時には考えもつかなかった事態なのでしょう 立ち退きなんて。)
でも、ここを買おうとほぼ決めています。
銀行のローンの審査も通って、9月末まで優遇金利の予約も出来ています。(10月以降は金利アップ。)
⇒⇒たとえば、契約を今済ませ、手付金も払い、8月いっぱいはそのまま住んでもらうのは出来るでしょうか。契約から決済・引渡しまでこんなに間が開いてもよいものでしょうか。
不動産は待ってくれるものでしょうか?銀行も。
値が安くなったので続々内覧希望者が訪れているらしいので、契約だけは済ませてここを押さえたいと思っています。
長くてすみません。
不動産の売却は「不動産の窓口」

他の方もおっしゃっていますが、不測の事態を考えると決済日を延ばすのは賛成できません。
不動産の売買は決済(所有権の移転)が終るまでは何が起こるか解りませんから決済は先に終らせる事をお勧めしますし間に入られている不動産業者さんも困るでしょう・・・(入金があって初めて成績になると思いますんで・・・会社によりけりですけど。)
あなたが急いでいないのであれば決済後にそのまま住まわしてあげれば良いんじゃないでしょうか!
賃貸に出る気がある人なんだから家賃もらえば良いんじゃないでしょうか!!
◆契約で手付解除、違約解除のそれぞれペナルティが定められますので、特に違約解除の条件をしっかり抑えておくことです。引渡し日(決済日)も契約で定めますのであなたの有利になる契約を結ぶことをお勧めします。
◆契約を済ませ、手付金を支払えば、引渡し(残代金の支払い)が、5月だろうが、8月だろうが、来年でも、売主、買主双方が同意して、契約書に引渡し日をその様に記入すれば問題はありません。
金利も優遇金利が9月末までありますので。
ただ、文面から察すると、
5月に娘さんの立ち退き料が決まるわけで、5月に立ち退き料が入ったにしても、土地を購入し、建物が完成するまでさらに時間がかかるのではないでしょうか。8月に娘さんの家が完成し、お年寄り夫婦が引っ越しできるとは、素人なりに考えても無理ではないでしょうか。貴方がいくら、引渡しを延ばせてあげても、アパートなどに仮り住まいをする必要があるのではないでしょうか。
また心配なこととして、契約後、引渡しまでに、この老夫婦に相続が発生したら、いくら契約済みであっても相続登記を完了しないと貴方に名義変更ができませんので、相続完了まで期日が延びる可能性があります。貴方が好意で行おうとしたことが、返って不測の事態を招くことにならないかも知れません。
8月の暑い時期に年寄り2人が引っ越しするよりは、気候の良い時期に引っ越しした方がよいという考えもありますので、よくお考えの上、判断してください。