ハウスメーカーの事を教えてください。 現在建て替えを検討しています

ハウスメーカーの事を教えてください。 現在建て替えを検討しています。大手のハウスメーカーは坪単価が高く費用は高くつきますが、
素人の考えですが、30年後50年後に修理や点検をして頂ける会社が存在している可能性が高いと思い、大手ハウスメーカーで考えています。
現在、積水ハウス・セキスイハイム・大和ハウスの3社に見積り依頼をしています。
各社営業マンとお話した時に違3社のうち2社のハウスメーカーの営業マンから阪神タイガースの藤川選手の家を担当したと聞きました。なぜ異なる会社の営業マンが同じ事を言っているのか知りたいので藤川選手の家のハウスメーカーをご存知の方教えていただけませんか?
嘘をついてる営業マンがいるのなら担当を変更したいと思っています。
3社の営業マンの印象なんですが、積水ハウス(横柄な感じで苦手)大和ハウス(いい人なんだろうけど、頼りない)セキスイハイム(優しい口調で色々な提案をしてくれ頼りになる)と言った感じです。
積水ハウス・大和ハウス・セキスイハイム各社のメリット、デメリットを教えてください。出来れば3社のいずれかで建てた人、もしくは検討している人、同業者等詳しい事がお分かりになる方の回答をお待ちしています。
どこのハウスメーカーでも営業担当で左右されると聞きますが、営業マンの見分け方やお勧めの支店など教えていただけると助かります。
長文ですが、読んでいただき有難うございました。
不動産の売却は「不動産の窓口」

全てのメーカーの基礎、上棟をしていました
ほぼbangoroh様の言う通りなので違った点でのアドバイスをしたいと思います
誰の家を建てたとか言う営業は×です
てか、質問者様の担当者は皆さん×みたいですね
積水は阪神大震災でほとんどの家が壊れずに残って、全壊したのは全て他メーカーでした
震災後それを見聞きした人からの異常な程の受注が全国で有ったとゆう立派な実績が有るのに、その話が無い営業は経験が浅いか、自分の仕事に誇りが無いのではと思ってしまいとても自分の家を任せられません
次に、大和は積水からケンカ別れした人が立ち上げた積水のパクリメーカー(元々積水にいたから積水のノウハウが有って当然です)で、同じ条件では大和の方が鉄骨やボルトの数が少なく(パクリなので全く同じにはできない?)、最低限だけ入っているとゆう感じです
ハイムの良い所は、雨に濡れる事なく工事が完了するので冬場や梅雨時期の上棟、工事完了まで屋内が水浸しになるのが嫌な人には良いです
また、全てに共通して言えるのは家が木造に比べて重たいので基礎をしっかり作る必要が有るので木造に比べて基礎の工事費用が高いです
なので見積は基礎、家、内装と分けて見て判断しないと、家を売りたい為、予算合わせで肝心な所を手抜きされても困ります
「他社に比べておたくは何故こんなに基礎工事費用が安いのですか?」
「他社より杭が短く、少ないですがどうしてですか?」
とゆう感じで明確な解答を求めて下さい
永く住むなら1番肝心な所です
ちなみに、外壁やサッシの価格でかなり坪単価が変わりますが、中身はほぼ同じなので、妥協するなら外壁、サッシです
また、基礎がきちんとできてないと仕上がりと強度に大きく影響するので、必ず基礎工事完了後、立ち会いのもとチェックして、間違いや不良箇所は徹底的に修正させてから上棟の許可を出すようにして下さい
鉄骨造りは基礎が複雑で間違いやすく、ほとんどの業者は木造みたいに、適当にやっても後で調整できるだろう位の意識しかありません
糸を張って基礎の上の外壁が載る所が水平で平らか確認するのは特に大事です
最後に1人言を(スルーしても可です)
全てのメーカー(特に大〇)に対していつも思うのですが、業者だって客になるかもしれないのに、どのメーカーも業者に対して偉そうで横柄な態度にムカつきます
一緒に良い家を造ろうとゆう気持ちが感じられません
「オイ!キサマ!若いの!ちょっとこっち来い!」と現場監督に言われて1度その事を言ったら
「お前ら程度の奴や身内が〇〇〇〇で家なんか建てれるはずがないじゃないか!いくらするか知ってるだろ?この家だって6千万だぞ!精々年収300万程度の奴に建てれるか!」
と、ほざきました(怒)
有名3社は内心
お前らが建てれる家は精々そんな物で、適当でも良いレベルだな(笑)
とゆう気持ちで客に対応しているのかと思うと自分は有名3社をオススメできません
◆同業他メーカーの営業マンです。面白そうなので回答します。
基本的に、営業マンと相性がいいほうが希望どうりの家が建ちやすいと思います。話もしやすいでしょうし、その後の対応もいいと思います。ここでいけばセキスイハイムさんが一番いいのかなと思いました。ただ、メリットデメリットというのは購入されるお客様によって違ってきます。デザインなのか間取りなのかアフたーメンテナンスなのか?これといって特徴が無いが一番のバランスがいいのは積水ハウス。性能的にはセキスイハイム(デザインは保証しかねます)。個人的には以上三社で比較してダイワハウスにはいい部分は無いと思います(デザインが好みなら別ですが・・・)。私はそれいがいの大手メーカーで勤務していますが、まぁ積水ハウスかセキスイハイムの二択ですね。つーかあなたならハイムさんですねやっぱり^^よろしくご検討下さい。
◆私も質問主さんと同じ考え方で結果、積水ハウスを選択しました。初期コストはハウスメーカーは確かに高いですね。ただ、意匠性・性能・耐久性どれを取っても満足のいくものでした。そして何より優れているものはアフターメンテナンスです。5年目になりますが、不具合はでてきます。床暖の影響でフローリングがキュッと鳴り出したときも電話一本で週末に来ていただき、床下にもぐり
材料も使った工事をしてもらいましたが、請求はなし、またフローリングの隅が1mm位反ったときも、(1mmでも靴下がひっかっかてしまう)私の考えは削る位の対応だと思っていましたが、張り代えていただきました。これも請求なし。家のメンテナンスの相談にも気軽に乗っていただけますよ。つい最近驚いたのが、さきの台風が日本を直撃した時、暴風雨警報が出たため、私の勤務先は自宅待機、積水ハウスのメンテナンスは水曜日でたまたまお休みだったのですが、事務所待機で被害はないでしょうか?とお電話をいただきました。このような体制であれば有事の時も安心です。上記の対応は大手ハウスメーカしか出来ないと思います。工務店では出来ないでしょう。
話は変わりますが、7月の日経ビジネスに主だった業種のアフターメンテナンスのランキングが乗っています。携帯ですとDOCOMO・au・ウイルコムそして私の使っているソフトバンクは大きく離されて最下位。戸建メーカーは積水ハウス・大和ハウス・住友林業の順位です。残念ながらセキスイハイムは9社中の9位でした。携帯くらいならいつでも買い換えられますが、マイホームはそんなわけにはいきませんね。納得のいくハウスメーカ選びをしていい家を建てられることを祈っております。
◆ハウスメーカーはレストランで言えばファミレスです。ファミレスは人それぞれ系列や店単独での比較で好みが出てくることはあっても基本的な差は大してありません。
ハウスメーカーも同様で、世間で言われている程差はありません。仮に全てにおいて優れたメーカーがあれば他のメーカーも追従します。つまりどの情報を採れば良いのか分からなくなるくらい、どこも似たようなものだということです。
しかし実際に施主の満足度には差が出ます。家づくりでハウスメーカーの中から選ぶ場合、満足度の差は営業担当で出ます。言い換えれば入居してから良かったと思えるのは、施主にとって優れた営業担当に巡り会えて、うまくナビゲートされた場合です。
誰がどこで建てたというのは気にしなくて良いですし、営業担当であっても間違った情報を得てしまう場合があります。それよりも質問者さんのイメージで各メーカーの評価ができています。これから付き合っていくのにどの営業担当なら自分達の家づくりに対し優れたナビゲートをしてくれると思いますか?横柄だとか頼りない人間を選べば後で必ず不満が出ます。私はその評価のままで選ぶべきと思います。
◆こんばんは。今年新築したものです。
私宅は残念ながら予算の都合で大手HMでは建てられなかったのですが、検討時は各HMに通いつめました。
積水・ハイム・大和との事ですが、各社それぞれ特徴が違います。
①大和・・・軽量鉄骨の家。価格は比較的安価ですが耐震、制震性では他社に劣ります(全然弱いというわけではありません)
②ハイム・・・箱型の鉄骨柱を組み合わせて建てるブロック工法の鉄骨。構造上頑丈で耐震性には優れている。箱単位で工場で各部屋をつくり、現場ではクレーンで吊り上げてつなぎ合わせて建てるので現場での工期が早くまた、職人さんの腕による出来上がりの優劣が出にくい。しかし、現場が狭いと大きなクレーンが必要な為入れないといった事もでてくる。また、工法上決まった大きさの箱のつなぎあわせの為に細かな間取りの自由度には他の工法より劣る。(ハイムでもツーユーホームは木造ですのでこれまでの説明は当てはまりません)
③積水・・・木造も鉄骨もやっています。全国的に受注棟数は多く質感、性能は良いです。(私の所見です)
建物価格は見積もりをとれば分かりますが、大和<ハイム<積水の順になります。(大和が坪60万、ハイムが坪65~70万、積水が70~80万って所です)
私の所見ではありますが、3社共に予算的に問題がないのでありましたら私なら迷わず積水で建てます。
積水は本当に高く感じましたが、建てた後の満足感は3社の中では一番と思います。
大和は予算が比較的安くなると思いますが、やめられた方がいいと思います。
まず建物自体に全く魅力を感じませんでした。安いといってもやっぱり高い買い物です。それなのに実際に建てる家より豪華な筈のモデルルームが安っぽく感じました。何を売りにしたいのだろうという感じでした。営業の説明が下手だったのもあったかも知れませんが。
でもそれ以上にやめた方がいい理由として、大和はクレームが非常に多い。クレーム自体は積水にもハイムにも勿論あるのですが、大和は内容が酷くクレーム後の対応も良くない感想が多く聞かれます。
阪神の藤川選手のお宅は存じ上げていませんが、恐らく大和はないと思います。積水かハイムだと思います。(間違っていたらすいません)
ハイムは商談が進めば工場見学に行くと思います。鉄骨の箱を上から落としたり、快適エアリーや断熱性能の説明が聞けます。そこで、ハイムの良さを実感は出来るのですがその見学が終わった後に急に営業が契約を焦らせます。詳細を詰めていないのにも関わらずです。そのやり方に不信感がありました。
ハイムは全館空調の快適エアリーも売りなのですが、全館といっておきながら夏場は2階はクーラーが必要になります。能力が足りないのです。
全館空調は積水にもある様で、性能は積水のもの方がよさそうです。(ハイムの全館空調は長府製、積水は東芝製です)
その他書き記したい事はあるのですが、言葉よりモデルハウスに行かれたら実感されると思います。やはり積水の家は良かった。
ただ何度も言いますが積水は高かったです。
予算的な問題があり、大和も検討されるなら私はパナホームも見られるべきと思います。パナホームも軽量鉄骨、予算も同等です。しかし、大和は外壁が窯業系サイディングに対しパナホームは光触媒タイルです。見た目の重厚感が全然違います。
ミサワも同価格帯ですが木造が中心で内容は大和同様あまりお奨め出来ないです。
旭化成へーベルと三井ホームは積水より更に予算が高めです。家の特徴もALCと木造でまた違いがあります。
3社でお考えとの事ですが後々の後悔がないためにも、体力と時間の許す限り他の所もまわられたら方が良いです。
タマホームだけはお勧め出来ないですが、ローコストメーカーや地元工務店も大手じゃ予算が厳しい場合選択肢に入れるべきと思います。
基本大手より絶対坪単価が安いので断然安くなります。また、大手の様なグレードの高い家を要望すれば勿論予算は高くなってきますが、工務店だって同じ水準のものが大手より安く建てれます。だからその浮いたお金で間取りをさらに広くしたり、外構にまわしたり、太陽光を追加したり出来ます。
とにかく完成前の他人様の住宅見学会など、見れるものは出来る限り見ておくべきです。間取りのアイデアだって出てきますから。
建ててからよそのお宅をみて、創りを真似したいと思っても遅いですからね。
最後に担当営業マンですが、良し悪しで大きく影響してきますね。終始付き合うわけですから、愛称が悪かったり対応が悪かったら家の出来栄えにも影響してきます。なんだかんだ言っても家も人付き合いですからね。。。お勧めの支店とかはあまり詳しくないですが、同じHMでもいろんな営業がいますから、合わないと思ったら絶対に変えてもらうべきです。
以上、いろいろごちゃごちゃ書きましたが、参考にしていただければ幸いです。
満足のいく住宅を建てて下さいね!
◆長年色々なハウスメーカーの下請けで外構工事をしてまいりました。セキスイハウスに関して言えば貴方の言われている通り一口で言えばなまいきです。お施主に対しても親切心は皆無だと言っても過言ではありません。ハイムは取引がありませんので知りません。ダイワは営業マンに下請け社員が存在していて契約の7~10%のマージンが支払われます。
『私の知り合いが安く工事をしてくれますから紹介しますよ~』・・・なんて言った時には100%バックリベートが流れます。
有名なセコムと言う会社の部長が名古屋に家を建てた時回りまわって私に依頼が来て会社を通さないで紹介するからとバックリベートを要求されました。
いずれの会社にしても30年後も存在していると思いますがだからと言って何を期待されているのでしょうか? 建て物は30年で建てなおしか大きなリホームがやって来ます。何処のハウスメーカーでも無料のアフターサービスなんて存在しません。
逆に小さな工務店の方が価格も安く一生の付き合いが出来ます。困った時は一番頼りになる存在です。
此れは長年携わってきてアドバイスとしてハウスメーカーで見積もりと間取り図を提示されたらそれを持って小さな昔から信用でやっている工務店に同等程度の家をいくらで出来ますかと聞けばビックリする価格が出ますよ~