新型インフルエンザまた流行ってますが、予防接種したほうがいいですか?

新型インフルエンザまた流行ってますが、予防接種したほうがいいですか?
不動産の売却は「不動産の窓口」

ワクチンの効果は未だ解明されていません。ワクチンを強く推奨している厚労省も、ワクチンに効果があるとは言っていないのです。あくまでも効果を期待するという希望的観測でしかありません。
国民がインフルエンザに感染して死亡する確率は、100万人に1.5人でした。一方、ワクチンを打って亡くなった人は、100万人に5.5人でした。しかも、タミフルを飲んで亡くなった人の半数が、薬害である可能性が専門家から指摘されています。
現在、流行値(1医療機関当たり1日1人以上の患者数)を超える都道府県は、佐賀県(1.18人)のみです。全国の平均は0.1人と、昨年11月のピーク時のおよそ400分の1にまで下がっています。
それから、ウイルスというのは変異のスピードが物凄く早く、ウイルスの1年は人間の100万年にも相当するそうです。昨年作った古いワクチンで、しかも死骸という練習相手にもならないような異物を体内に注射しても、効果は望めません。
知恵袋にもワクチン信者さんが大勢いますが、実際の数値を分析すれば、百歩譲ってワクチンに多少の効果があったとしても、弱毒性のウイルスに対しては打つことに合理性はありません。病院は大量に在庫を抱えており、ワクチンを売りたい製薬会社のシンパか医療従事者らが情報操作する可能性もありますので、注意して下さい。
ワクチンは過去に感染暦がある人にしか、一時的な効果(血中の抗体値の上昇=インフルエンザに対する効果ではない)はありませんので、抗体のない子供が打っても感染を防ぐことはできません。そして、インフルエンザに感染するのは1シーズンで国民の6人に1人以下です。その内、7割は未成年ですので、大人が接種することにメリットは全くありません。老若男女、健康不健康に限らずです。しかも、ワクチンの重篤な副反応は男性の方が圧倒的に多いです。
それでも打ちたいのなら、季節性との混合ワクチンが出来てからでも遅くはないのではないでしょうか?
◆おはようございます。
お住まいの地区がわからないので、なんともいえませんが、全体的には新型インフルエンザは現在ほとんど流行っていなく、いまは季節型インフルエンザがぼちぼちでています。ですから、お住まいの地区で新型が流行っておられるのであれば、新型ワクチンされたほうがよろしいかと思いますし、新型と断定できていないようなら、季節型のワクチンの方が、とも思いますが、現実としてもうワクチンをまだ接種されている医療機関はあまりないんではないでしょうか。