「ひぐらしのなく頃に」について ※ネタばれ注意 園崎家(お魎)or組

「ひぐらしのなく頃に」について
※ネタばれ注意
園崎家(お魎)or組と山狗は繋がっていたと思いますか? 理由も併せて回答をお願いします。
ちなみに、私は繋がりはあったと考える方が自然だと思いますが
①暇潰し編で園崎父が誘拐事件と赤坂来訪を知っている
②ダム戦争中で余所者に敏感になっている時に小此木たちが自由に雛見沢に出入りしている
③ダミー会社経由とはいえ、ダム戦争終結前で土地買収には敏感になっているはずなのに、陸自は谷河内地区の閉鎖採石場を取得している
④猫殺し編で親子変死事件が起きているのに、相変わらず山狗は居座り続けている
※この事件は“オヤシロさまの祟り”とも呼ばれているので、お魎は調べるはず(目明し編より)
不動産の売却は「不動産の窓口」

直接的には繋がっておらず園崎組(園崎父)を介して間接的に繋がっていたと思われます。
・暇潰し編の誘拐事件と赤坂来訪の情報は園崎父を介して伝えられており、誘拐された少年の解放指示もお魎や魅音は園崎父(園崎組)を介して伝えているので、園崎家側は山狗の存在を知らないで園崎組がやってると思っていたのではないかと。
・魅音の言う園崎家は無関係との発言は、園崎組は園崎家とは別組織としているからなのか嘘を付いているだけ(魅音は圭一に悪く思われたくない為に全編で嘘を付いたり情報を隠している描写がある)或いは本当に知らないだけかも。
・谷河内の採石場(ガス備蓄場所)の土地はダム戦争の最中に山狗がダミー会社使って買った物だけど、ヤクザの元々の目的は地上げなのでヤクザに高い金を払えば簡単に手に入る。
園崎組の中に山狗がいたのか園崎組と山狗との間で何らかの取引があったのか、園崎組(ヤクザ)としては利益と面子が第一だから山狗の存在を園崎家(お魎や魅音)に公にしないでしょう。
建設大臣孫誘拐の件に関しても園崎組の仕業だとお魎に思わせておけば園崎組の格が上がるし、周辺のヤクザ組織にも一目置かれるので損は無い。
但しガス災害で魅音が死んだり村が封鎖されて土地の売買もできなくなったりヤクザ側が損している場合があるので、信頼関係は全く無くてお互いに利用できるだけの存在としか思っていなかったのかも知れません。
<補足>
園崎組が本家に反して採石場の土地を山狗に売った理由
1:園崎父の方が実際はお魎より立場(力関係)が上だった
園崎父は勘当された茜の夫って立場なのに、暇潰し編の親族会議の席順を見ると御三家の当主達の次に偉い事になり、表向きは茜はお魎と仲が悪い(実際はお茶を飲みに行く間柄)事を考えると席順がおかしい。
しかしヤクザってのは格とか面子を気にする性質があるので下手に格下に扱うと後が怖い。
お魎は言動行動が怖いけど実際は村の求心力を失う事を恐れる臆病な性質で、攻撃的なのは臆病さの裏返しであると考えられ、席順を考慮すると実際の力関係は「園崎父>園崎家>他の御三家」って感じなのかも(公の席上ではあくまで御三家の次って事でヤクザの面子を立てている)
だから採石場の土地をヤクザが転売してもヤクザが怖いから批判できない。
2:本家は土地を売りたがっていた
私的捜査ファイルにあった記述だと、園崎家は元々土地を売る事に賛成だったけど国との交渉で金額が折り合わなかったから反対派に回ったとの内容があり、暇潰し編でも警察が赤坂に「暴力団の活動があって、それに住民団体が大義名分みたいにくっついてる」と話しており、ヤクザが地上げ活動に雛見沢の住民を利用しているだけで本家もそれに協力していた(現実でも良くある手口)
この場合だと本家と組は土地が高値で売れれば良いって立場で、村の住民はヤクザの地上げ活動にタダ働きで協力させられていただけ。
3:廃村になった谷河内土地なので売買してもバレなかった
ダムによって沈む地区は「雛見沢」「谷河内」「高津戸」「清津」「松本」の5つで、村人が沢山住んでて作中の舞台が「雛見沢」であり「谷河内」は住んでる家が数戸しかないほぼ廃村。
谷河内に行く人は殆どおらず、採石場が閉鎖されて書類上の所有者が変わっても気にする人はいなかった。
4:書類上は土地の所有者は変わっていない
魅音の話だと「よくわかんないけど、会社が潰れたって社員はいるわけだし、後片付けとか、破産管財人?とか、うーん、まぁ、何だろうねぇ」と言ってる事からダミー会社を経由して土地の所有者が変わった(売買された)事を知らない。
採石場で死んだ親子の事件を捜査した時も採石場の会社の人が来て「そんな作業服の人間は見た事が無いし出入りしていた事も無かった」と証言していたから、山狗が採石場を利用している時点でも土地の名義は採石場の会社の物で、陸自はダミー会社を使って土地を買ったのではなく採石場の会社その物を買ったのかも。
5:土地の売買を阻止できなかった
土地の売買ってのは自由な物だし採石場の土地も村の住民の土地もそこに住んでる人間が売りたいと思ったら園崎家や鬼ヶ淵死守同盟が邪魔する事では無い。
採石場の土地が園崎家の物だったら園崎家の許可が必要だけど、採石場の土地が採石場の社長一家の物だったら心中した社長一家の遺族や系列会社の人間が土地をどうしようと勝手(祭囃し編の北条父の言うように土地売買に反対ならば園崎家が金を出すのが筋)
園崎家や鬼ヶ淵死守同盟が気付いた段階で既に土地は売られていたけど、既に後の祭り状態だから文句言っても仕方なかった。
6:上記の複合
組が書類操作して採石場の社長一家の養子とか親族に成りすまし、社長一家が心中した後に遺族として採石場の土地を会社丸ごと陸自のダミー会社に売り、その事を本家に黙ってるとかそんな感じ。
◆そうですね。入江機関としてではなく、あくまでダミー会社などの入江機関とは無関係の立場として園崎家と関係を築いていた可能性はあるかもしれません。ただ、雛見沢症候群の事や入江機関の事を園崎家に伝える事は考え辛いと思います。
雛見沢症候群の研究はアルファベットプロジェクトによるBC兵器研究の一環であり、国家におけるトップシークレットに当たります。入江機関とオヤシロさまの祟り事件との関係、診療所で行なわれた非人道的行為、H170シリーズの存在、緊急マニュアル等といった、証拠となりかねない事物を探られてしまう様な事態を起こす事にもなり兼ねない危険も孕んでおり、情報の漏洩やもしも対立した場合の事などを考慮しても、あまりにもリスクが大きすぎます。
止むを得ず古手家一家に伝えるだけでも相当に危険な橋だったでしょうし、豊富な人脈や周囲に対する強力な影響力を持つ園崎家が相手となると万一の際に対応しきれなくなる可能性もありますし、園崎組に至ってはどこでどのような相手に繋がっているとも限らず、下手をすれば間に幾つか経由して東京の政敵や諸外国に至るまで事態を拡大し兼ねない危険性さえ秘めているかもしれません。
また、入江や富竹が入江機関と園崎家との関係を知らない様であるのも不自然かと思います。
◆繋がっていないと思います。
①園崎父が山狗や警視庁と繋がりはありません。ヤクザの親分です。
きっと子分から聞いたのでしょう。
②山狗は秘密部隊です。侵入には慣れているのでしょう。
または入江診療所の名前を使って出入りしていたか。
③陸自の名前ではなく、これも入江診療所の名前d買ったのではないかと。
入江先生も二佐ですので。
④猫殺し編は外伝です。本編とは関係ありません。
お魎と山狗が繋がっているなら時期党首の魅音にもそのことが伝えられているでしょう。
そして迷宮はただの一本道に^^