マヤの予言とか、地震の予言とか、どうせただの先延ばしだろ??ww

マヤの予言とか、地震の予言とか、どうせただの先延ばしだろ??ww
マヤの予言説のせいであの時は本当に焦ったよ。
でもその日が過ぎ、安心したが。
あの時イッテQでも放送されてましたよね? マヤの予言ってそんなにすごいのか?なんなら過去にあたった予言を全て教えてくださいよ。
あたった予言が無いのならそれは全てただの当てずっぽうまたは売名行為ですね(笑)
で、地震予言だけど、そんなもん無理に決まってんじゃん。
専門家がなんか最近地震予言ばっかりしてるけど、どれも外れてるし(笑)
地震予言や災害予言は無理、そんな事が出来るなら、まずおかしい。
人間が直接自然に聞いてるの?
マヤの予言の2015が外れてたらもう信用性なくなるだろうねww
日本はオリンピックどころじゃないでしょう。
地震で経済崩壊、富士山噴火の危険、第3次世界大戦の事等色々あるじゃん。
不動産の売却は「不動産の窓口」

人類滅亡予言はまったく信じてません。西暦二桁の時代から延々様々勝手な解釈・手法で叫ばれて、2014年間滅んでいませんから。
マヤの予言もマヤ暦のシステムを理解すれば、まったく見当違いと判ります。
マヤ暦が終わる=人類滅亡!ではなくて、マヤ「特有の一つの循環する」暦が終わる=新暦スタート!あけましておめでとう!という意味らしいです。
だから2014だろうと2015だろうと、来るのはマヤ的お正月に過ぎません。いやぁ、めでたいめでたい(笑)
しかし、滅亡論本を売りたい!番組の視聴率を挙げたい!ワタシは選ばれた人間だから大転換の時にアセンションして高次元ナンタラ…という人は耐えませんから、これからも予言は絶えないでしょうね。
ですから目くじら立てるもよし(精神衛生上悪いですが…)、真相を調べて「何変なこといってんの?」と眺めるのも良いかと。
地震予言にしろ、地震雲などはかなり怪しいようですね。
科学的調査を踏んでの予知は難しいながらもまだ良いんでしょうが、海外とかの自称予言者によるものが悪質なものが多いですね。
ある海外予言者は
東北大震災を当ててました~!地震も津波も原発事故も的中~!というのもいました…(前もって予言していたように見せかけて事後報告予言でしたが)。
それで「俺って凄い予言者!」って箔をつけたいようです。
何が良いか…日本人には理解できません。
2013年にも子供の鼻歌?の予言なんかがありましたが、結局何もなかったですし。
そんなものに一喜一憂するより、東北大震災の教訓から、少しでも備えをしたほうが良いですね。
◆予言の解釈はほとんどが書物を売るための脅迫観念を植え付けるためだけのものばかりです。
事実、マヤの現在のトップに聞くとマヤの予言で人類滅亡などと一言も言っていないことがわかります。
よくある過去の予言で、戦争の予言が当たったとか、地震の予言が当たったとかありますがそれらはみんな後出しジャンケンです。
予言が過去のものになると当たったというこじつけが出来ますが、近い未来の予言を聞いてその時を待って、実際その時になると何も起こらないことが現実。
予言はスルーするものに限ります。
◆ていうかね、関東大震災の時は、ちゃんと予言されていたんだ。しかも怪しげな予言者ではなく、地震予報の国家公務員がね。だけどその予言はオカルト扱いされて相手にされなかった。そしてあの最悪の結果なんだ。要するに、地震は備えが大切であって、予言が当るかどうかでは無いって事なんだ。