創価学会の教義。 創価学会の教義を振りかざして、威風堂々と世界中の

創価学会の教義。
創価学会の教義を振りかざして、威風堂々と世界中の宗教を相手に勝訴できますか?
緑垢さんやカンキチさんわドラドラさんやカフェさんや池田大作尊師と幹部全員で、獅子の精神で男らしく戦ってください。
他宗教を批判することは出来るんですから。
逃げたら、男の腐っ者=腰抜けですよ(大爆笑)
不動産の売却は「不動産の窓口」

創価の 他宗教への 批判
例えば統一教会へ
こんなことやってました
「悪辣な犯罪集団の正体」 和歌山で起きた幸福の科学会員への組織的脅迫の実録
本章は、幸福の科学和歌山支部の会員たちに対し、ある特定の団体が行なっている組織的脅迫の実録である。事件は九四年五月に始まり、今も執拗に続いている。ここにその主要部分を公表し、日本に存在する某宗教団体の実体を白日の下にさらしたい。今回明らかになった、彼らの主な手口とは、
【1】 が子供に命じてやらせる脅迫や嫌がらせの電話
【2】 家のなかに不法侵入をしての傷害
【3】 仲間を総動員しての監視、尾行
などである。そして、これらに連動して、きわめて専門的で大規模な盗聴が行なわれている。ではこの顔の見えない犯罪者集団とはいったい何者か。いかなる集団がこのような最低・最悪の卑劣な行為を行なっているのか。それは本章で明らかにされる数々の証言と証拠が順次、雄弁に語っていくはずである。すでに被害者からの告訴状も受理され、警察も捜査に乗り出した。われわれは今後も、このような犯罪者集団による不法行為をあらゆる機会を通じて徹底的に追及していくつもりである。なお、プライバシー保護のため、登場人物はすべて仮名とさせていただいた。
手口【1】
脅迫および嫌がらせ電話━電話していたのは親から命じられた子供だった!
一連の不審な電話が初めて幸福の科学和歌山支部に入ったのは、五月の連休中に支部で五月研修が行なわれていた日であった。ちょうど、九四年の月刊「幸福の科学」五月号に、創価学会による幸福の科学批判を論駁する講師論文が掲載された矢先のことでもあった。電話のパターンとしては、
・「殺す」「子供を殺す」「ダイナマイトをしかけた」などの様々な脅迫
・無言、わいせつ、プッシュホンの発信音を送ってくるなどの嫌がらせ
・盗聴を行ない、怖がらせようと、会員の行動を言い当てる
・「情報を売りたい」などと言って気をひこうとする
・会員の声色を使って情報を聞き出そうとする
・会員の周囲の人間に様々な作り話をして、不信の心を抱かせる
・幸福の科学の名をかたって寿司などを大量に電話注文して届けさせる
などである。以下に、嫌がらせ電話の代表的パターンの実例を時間順に示す。しかしこれらは実際にあった電話のごく一部である。
(1)さまざまな脅迫と嫌がらせ
●最初は五月五日。幸福の科学和歌山支部で、講師による創価学会論駁論文を受けて学会の教義批判についての話があった直後から「死ね」「殺すぞ」「お宅の教団は……」などと言って切れる電話が続けざまに支部にかかってきた。誰が?何のために支部にいた多くの会員は一様にこの「顔の見えない」脅迫者が誰なのか、直感的に見破ることができた。
●[数日後和歌山支部青年部長の町田武史さん(当時二十四歳)宅に不審な電話が二本入る。いずれも奥さんの弘子さん(当時十九歳)が受ける。一本目は男の声で「岡山の創価学会本部の○○○さんのお宅ですか」と言い、違うと答えるといきなり乱暴に切れる。一、二分後、今度は女性の声で「創価学会岡山本部ですか。番号は××××ですよね(町田さん宅の番号)」と言い、すぐに切れる。※町田さん宅には、以後、毎日のようにさまざまな嫌がらせ電話がかかる。
●[数日後] 書籍普及係の田島さん宅にも「創価学会岡山本部ですか」と電話があり、「違います」と言った瞬間に切れる。なぜ創価学会がらみの間違い電話が、同じ地区の幸福の科学会員宅に続けてかかって来たのか?
●[二十六日夜] 町田さん宅に二人の男から別々に電話。弘子さんが出ると一本目は「だんな、おらんの知ってるぞ。」二本目は「だんな、大阪に行っとる。」事実、町田さんは大阪に行っており、不在だった。[同日] 会員の森山さん宅に「これから町田と田島の子供を殺しに行く」と脅迫電話。弘子さんは森山さんから、生まれたばかりの赤ちゃん(当時、生後二ヵ月)を殺すなどという電話があったと聞いたとき、頭の中が真っ白になった。どこの誰だかわからない。顔の見えない悪魔!彼らには絶対に指一本さわらせたくない。でも、いったいどこで見張られているかもわからない。会話や電話まで一言一言聞かれているのだろうか……。
●[二十九日] 会員の加瀬さんが支部からある会員宅に電話して、会員の和田さんの奥さんが今週長女を出産し、ユカちゃんと名付けたことを話す。すると夜、和田さん宅の留守番電話に「ユカちゃん誕生おめでとうございます」、翌日にも「ユカちゃん食べてもいいですか(笑い声)」などという男の声が入る。
ーー
幸福の科学も 創価も同じカルト教団です
こんなことやってたら
だれも創価を信用しませんよ。