希望の地区に中古住宅の広告が出ていて、先日見学へ行きました。 夫婦

希望の地区に中古住宅の広告が出ていて、先日見学へ行きました。
夫婦共に気に入り購入意欲があります。
建物は築35年でもリフォームされとてもきれいに使われていたのか古さはさほど感じ ず、また90坪の広さもあります。また、農地300坪もついていて2000万でした。
この物件の不動産へ値下げ交渉しようと思うのですが、どのように交渉していけば良いですか?
あまりがっついて不動産へ連絡するのも、値下げ交渉に不利かと思ったり、なやみます。
だけど考えてるうちに他にも購入希望の方が現れる可能性もあるし、不動産との交渉方法教えてください。
不動産の売却は「不動産の窓口」

交渉方法は他の方が答えられているので省きます。
農地付きの物件は注意が必要です。農地と言っても地目が畑や田でなければ問題有りませんが、地目が畑や田の場合は農地法で売買が制限されて農家資格が無ければ買って登記し直すことが出来ませんので。まず農地の地目の確認が必要と思います。
ではなぜ売りに出ているのか、買えるのかですが。
ほとんどの場合、宅地についてはその時に本登記出来ますが農地については仮登記になると思います。農地の部分は農地を買って仮登記し
て農地で農業して何年か後には農家資格を得て本登記という流れから売り買いがされていますので。
しかし、農地300坪のみでの農家取得はほぼ無理かと思いますので、そのほかにも近所で農地を借りて農業である程度の収入を出せるめどを付けないとと思います。
あなたに可能ですか。
参考に
補足について
善良な不動産屋ばかりとは限りませんので、後でトラブルになった時言ったはずとか説明しませんでしたっけと責任回避する業者も居るので、家や土地は高い買い物なのですから自己防衛で基本的な知識ぐらい付けて売買に望むようにしないとと思います。(大抵トラブルに遭う人は知識未熟で契約書も理解出来ないのに話を進める人達)
あなたも農地がどの様な物かも知らず家庭菜園出来れば位にしか思っておられなかったと思いますが、高いお金出すのですから土地にはどの様な種類の法律や規制が有るかぐらい大雑把でもネットなどで調べてから望むべきものだと思います。
「農地」で検索してみなさい。
農地含めなくても魅力的なら新たに交渉し直しても良いかも知れませんが、場所にもよりますが築35年でリフォームしていたとしても宅地と農地で390坪で2000万は高いように思いました。(場所・立地条件では安い場合も有りますが)
私も9年ほど前に農業出来る土地を探して結構広い範囲探し歩きました。ネットでは日本全土の物件を調べ気になった土地は南は広島から北は岩手まで1年で10万㌔以上車で見て歩き色々な不動産屋と話をしてきました。親切な不動産屋も居ればいい加減で信頼出来ない不動産屋も居ました。今までどれだけ物件見て歩きどの様な人と会い話をされてきたか知れませんが、質問内容から感じるのは無知と経験不足かと思います。
何歳ですか、私は当時43でしたが、まず本契約をする前に少しでも気になる物件見つければ見に行って不動産屋や地主さんなどと話をして経験積むようにしました。また色々と話すうちにもう少し根引きしても売りたいとか、余り根引きをする気が無いとかは何となく判るようになりますし。そうすれば交渉の仕方や駆け引きのコツも少しづつはつくかと思います。
◆物件自体は知っているわけではないので、あくまであなた方が
気に入ったものとして、物件の事はココでは触れません
結局はあなた方がどのくらいのレベルで購入意欲があり、
又、どのくらい真剣に金額を下げて欲しいか?と思っている度合いにも
よります。(極端に言えば、下がらない金額でも欲しいのは欲しい・・・など)
さて、交渉というのは、その購入意欲との天秤によって考えた方がいいです。
私も若い頃、「お客さんの為」と思って、少しでも10マンでもという考えで
交渉しながら仲介をやっていましたが、ふとしたケースで他の業者のお客さんに
負けてしまって、自分のお客さんが「買えなかった」事でものすごく落胆された
姿を見て、その考えを改めました。
「少しでも10マンでも・・・という考えは、本当にお客さんの為になっているのか?」
「それで時間を掛けたり、売主側の機嫌を少しでも損ねたりして、結局
お客さんは本音は言い値でも買いたいのに、結局買えなくしたのは自分ではないのか?」
と自己嫌悪になったことが有ります。
ですので、
「少しでも下がらないなら、別に買わなくてもいいや」
位の購入意欲なら、トコトン交渉するのもいいですが、やはり
あなた方も言ってるとおり、他のお客も出てくる可能性も充分にありますので
もし、あなた方の購入意欲が高いのであれば、相手も納得できそうな
金額あたりを提示して、それでまとまるなら、そこで決めた方がいい
場合も有ります。
具体的に言えば、1900万円で買付を出して、売主がOKならば
すぐ契約にもって行く・・これくらいで済ませておいた方が無難です。
あくまで、その物件のほかのお客さんの状況、物件の魅力性などが
よく把握できませんので、この程度の回答しか出来ません。
勿論、物件にはイマイチ他の客も現れにくいようなものだとか、の場合は
もう少し大きな「指値」をしてもいいとは思いますが、
売主も人間ですから、2000万の金額に対して、あまりにも大きな「指値」を
してしまうと、「馬鹿にしてるのか?」と相手の機嫌自体を損ねるケースもあり
あなた方自体には「売らない」と判断される場合もありますので、
気をつけてください。
ま、100~150あたりの指値で、相手の回答を聞いて、
それに対応して行くしかないでしょう、あなた方が現実的にどうしても
欲しいのであれば・・・
100~150あたりの指値で簡単に決まってしまう場合もありますが
その場合「えっ、もう少し行けたんじゃないか?」って思うのが人間の心理
ですが、そこはもうキリが無い話になりますので、余計な事は考えずに
前に進まれた方がいいです。
それと最後に、「あまりがっついて」というのは考えない方がいいです。
そういう考えは中古業界においては「負け組み」になりやすいです。
中古物件というのは、新築と違って世の中に同じものは2つとありません。
「気に入った物件が見つかったら、ガツガツ行く」この考えで無いと
他の競合客に完全に負けてしまいます。
間違ったらいけません、中古業界で買い側の敵は、「売主」でも
間に入ってる「仲介業者」でもありません、同じような物件を探している
同じ「買主候補」達が、真のあなた方の敵です。
中古業界は完全に「早い者勝ち」状態なんですよ
◆相手があることなので、うまくいくか否かはわかりません。
しかし、どんなに綺麗でも築35年では、建物の価値はないです。
問題の個所を隠すためにリフォームしたと考えた方がよいです。
(たとえば、雨漏りの跡を隠すとか、家の傾きを床張り替えて隠すとか)
また、農地の件は先の回答者さんのとおりです。
従って純粋に、宅地90坪で2,000万が安いか高いかと検討した方が
よいです。
それらの問題を指摘して値下げ要求するか、資金不足という自己の都合が
よいか、どちらかでしょう。
◆えーと、”農地300坪”って書いてあるけど、この農地については、買えないと思うよ。
農地を売買するには、農地法の許可が必要となるのだが、買う人が農家じゃ無ければならない。
なので、貴方が農家の資格なければ、許可はおりず、購入は無理。
そこをよく確認してご覧。多分「だめです」ってオチになるだろう。
つぎに、「値下げありき」で交渉するのは構わないけど、交渉の方法なんて事実上ないよ。
貴方がいくらそれを望んでいても、売り主サイドにそのつもりがなければ、門前払いだからね。
電化製品や車と一緒に考えたら、失敗するよ。
「端数を値引きしてくれ」レベルならともかく、最初から大幅な値引き提示すると、単なる冷やかし(買う意思無し)と思われるからね。
+–++++
現状が荒れ地でも、登記上の地目が田畑であれば、農地法の適用対象。
なので、だめ。