青森県(過疎化が進む盆地の田舎ですが)の土地を売りたい。状態は既

青森県(過疎化が進む盆地の田舎ですが)の土地を売りたい。状態は既に更地で、面積は80坪程です。庭付きで野菜の栽培等もできる畑もあります。駐車場は車二台分です。土地の権利者である親が、現在地元の不動産屋へ 買手が居ないかという事で一任しているらしいです。私としては、地元で過疎化が進む町にわざわざ土地を買おうなんていう人が居るのか?という疑問です。一任している不動産屋がどこまでやってくれているのかは詳しくわかりませんが、地元で募集や広告を出してもなかなか見つからないと思うんです。私は東京で暮らしていますが、老後を静かな田舎で暮らしたいという方が関東圏には多いのではないでしょうか?そういう方をターゲットに買手を探したほうがいいと思うのです。しかしその場合何処にどのようにして宣伝?をしたらいいのかわかりません。有料であればネット上で宣伝してくれるところはありましたが、やはりある程度お金がかかるものなのでしょうか?無知で申し訳ありませんが、できるだけ高く土地を買い取って貰い、両親のためになればと思っております。両親は80坪の更地とは別に、それよりも広い面積で空き家も所有しているそうです。ただ古い事もあり、そこも壊して解体するかどうか悩んでいるそうです。解体には1000万ほどかかるらしく、それも田舎で需要を探すよりは…と思っております。何かいい解決策はないでしょうか?
不動産の売却は「不動産の窓口」

青森県の宅建業・不動産管理業従事者の宅建主任者です。
弊社は青森県の青森市にありますが、売却物件は一般・専任・専任専属媒介契約
を締結したら必ず東日本不動産流通機構=通称:レインズに登録しますし
売却物件はインターネットで公開しているので、関東からも問い合わせはございます。
手っ取り早い方法なら買い取り業者に査定して貰って買い取らせるか
ハウスメーカーと売却の媒介契約を締結すればよろしいかと。
ネットの普及で「売地」の看板や「売家」の看板は減りましたし
宅建業者で店舗玄関や窓一面に売り物件情報・貸し物件情報を
ベタベタ貼る業者は減っています。
その媒介契約した宅建業者(不動産屋って呼ばないでくださいね)が
ネット検索システムを導入しているかわかりませんが、
そういう宅建業者を探せばよいのでは?



コメント