仮登記である土地(農地)の売買について 似たような質問がいくつかあ

仮登記である土地(農地)の売買について 似たような質問がいくつかありましたが、微妙に論点や着地点がずれていたので新たに質問させていただきます。よろしくおねがいします。長野県在住です。
数十年前、宅地になることを期待して県内の土地(農地)の購入をしました。
このとき他の質問者と同様、私は農民でないため仮登記という形で契約を結び、代金も支払いました。
しかし、いつまでも市街化区域にならず、最近その土地の属する自治体に問い合わせると
「今後も市街化区域にする予定はない」との解答が得られました。
1点目として、この場合その土地の名義を自分のものにするためには、土地が市街化区域に指定されるのを待つしかないのでしょうか。
調べると、「県知事の許可が出れば農地以外への転用もできる」と書いてあったりするのですが簡単に許可がおりるものなのでしょうか。このあたりがよくわかりません。
また、名義が自分のものにならず、宅地にできない土地ならばいっそ売ってしまいたいと思っています。ここで、厳密には所有権のない私がそのようにすることはできるのでしょうか。
その土地の売り手(私が土地を買った相手)も口頭での承諾はしています。
また買い手をみつけることも含めた個人の売買は難があるかと思うので、
やはり近隣の不動産業者に仲介を以来するのが一番手っ取り早いかなと考えています。
(このときに上記にように、所有権のない私が、「ここの土地を売りたいのですが..」と持ちかけていいものなのか疑問に思っています)
またこのようなケースでは、登記が可能な農民の方と、私と同じように農民でないため仮登記を希望する方のどちらにも売ることができるのしょうか。
また、買い手と売り手を結びつけるようなHPがあればご紹介していただきたいと思っております。
いろいろと分からないことばかりで、意味のわかりにくい文章になっているかと思いますが
どうかよろしくおねがいします。
不動産の売却は「不動産の窓口」

文面のみでは詳細が分からない等お答えし辛いのですが、おおよそのところをお話しさせていただきます。
①市街化調整区域内では都市計画法で一定の日用品供給店等のための建物の建築は農家でなくても可能です。
そのため農地法5条により転用目的を伴う権利移動(一定の店舗等の建築・宅地転用のための賃借権の設定等)許可を取ります。ご質問者さまが建物の建築をし、地目の変更(宅地)は土地の所有者が申請します(ご質問者さまは仮登記名義人に過ぎませんので)。その後土地の所有権を仮登記に基づく本登記によるか、所有権移転登記をしたのち仮登記を抹消します(原因は民法用語で混同)。この場合、その土地が店舗等に向く土地なのかどうか、そして建築資金等も必要となりますね。
又は、
②現在の登記簿上名義人(元の売主)さまから買希望の農家の方にその土地を売ってもらい(仮にご質問者さまが売買代金全額支払っていた場合は、ご質問者さまが現実の売主ですが、いずれにしても所詮ご質問者さまの登記は仮登記に過ぎませんので)、その後ご質問者さまの仮登記を抹消します。
ご質問者さまがどのような内容の仮登記をされたのか、そしてその土地の内容、条件、環境等が分かりませんので、それらの内容を整理し、市役所等で行われている司法書士会の無料法律相談でお聞きになれば、より正確で具体的な説明が受けられると思われます。
◆10年で時効なのでもう自分のものにすることはできません・・・・・・・・・・・
◆市街化調整区域でも許可を得れば建物建つし、建物が建って農地でなくなれば
所有権移転登記もできます。しかし、転売目的ですからまず許可は得られません。
売買は可能です。しかし、仮登記でよいという買主があるでしょうか。
もちろん、農地として農業資格のある隣地の方に農地として安く買ってもらう方法は
あると思います。この際、いらないなら安くても処分したいと買った不動産業者に
相談してはいかがでしょうか。
あるいは、調整区域で商売をしたい方を見つけてもらい、その方なら許可が得られるかも
しれません。許可を条件に売るという方法もあります。
ガソリンスタンドとか、自動車塗装業とか、許可される業者もあります。
気長に買い手を見つけることでしょう。
あなたは立派な所有者です。ただ、第三者に対する対抗要件である登記ができないだけです。
売りに出しても何ら問題はありません。しかし、実際の手続き等はうんざりするくらい大変なので
不動産業者に仲介してもらいましょう。
◆質問者同様ってどの質問のことかわかりませんけど、県知事の許可って、そもそもその許可が取れないから仮登記だったのではないのでしょうか??通常は、(本来は転売目的でも)許可(資材置き場等々)が取れれば本登記するものです。
その後に地目を変更して農地以外にしてから売買。おそらく地目変更をするだけでもにも許可が要るので、農地以外にして農家の前所有者から売買ができなかったから質問者様の名義へできなかったのでしょうね。
仮登記しといて承諾はしています??・・・・当然仮登記されているならそうでしょうね。いうまでもありませんし、実質の所有者は質問者様です。通常は本登記に必要な許可書がそろえることができない添付して(本)登記申請ができないから仮の登記をして、権利を主張するために行われます。(口頭で登記はできません)。仮登記をするくらいですから売買時にはそれなりの専門職が間に入っていると感じます。(一番手っ取り、不動産業者かどうか知りませんが)もう一度その方々に相談すれば解決すると感じます。(宅地として利用できないので手放したいと、)。長野県とのことで原野商法の被害者とは考えにくいので入手したとき方々に相談するのがベターかと感じます。