中国の富裕層が日本の不動産を買いあさる問題についてです。 中国の富

中国の富裕層が日本の不動産を買いあさる問題についてです。 中国の富裕層が、日本のマンション・土地などの不動産を買いあさり、そのことで「日本が売られる。日本の領土が合法的に削られる」と警告される動きもあるようです。
また、長崎県対馬のような過疎地を、日本人が手放すために、韓国人富裕層が買い占め、韓国の領土化すると伝えられることもありました。
しかし、現行の法律では、自由主義経済ということになっており、お金があって当事者同士が納得すれば売買を止めることはできません。
いくらネット上で、「中国人出て行け」と叫んだところで、お金を持っている人が売りたい人から買い物をすることを止める権利はどこにもありませんし、中国人だからと言って正当な売買ができないのであれば、それこそ日本の信用に関わります。
となると、それを防ぐには、(可能か不可能は別にして)、日本の政府が、韓国領に近い土地や重要な資源がある土地などを積極的に買い、政府に力を持たせて統制経済とするしかありません。
個人の力が及ばない分野に国家が関与するとなると、中国人などの買い占めは防げますが、その反面、経済の自由が少なくなり、統制経済となって社会主義的な色彩になってしまうのではないでしょうか。
もし、自由経済を推進する立場を貫けば、日本は、中国の人や中国製の安価なものがあふれる現状がずっと続くのではないかと思うのですが、このあたりのことはどうなっているのでしょうか、
感情的ではない経済の知識を持った方からのご回答をお待ちしております。
不動産の売却は「不動産の窓口」

日本の不動産を外国資本が購入する事自体は経済的には問題ないと思います。
経済的には国内産業に影響が出るようだったら何らかの規制をかける必要はあると思います。
問題なのは、基地や政府施設周辺の土地を買われる事だと思います。
国防の観点からそれだけは今すぐにでも処置するべきと考えます。
また中国は日本の水源も狙っています。
経済的に問題が無くても国防的に問題ですよね。
◆それは中国国内で投資する物件が無いから海外の日本や米国に投資してるんです。オレの山も高値で買ってほしい!
◆外国人が日本の土地を買ったりというのは今に始まったことではありません。現に数年前は日本がアメリカの土地を買いあさってましたよ。中国の現状の経済はもう数年は持たないと思います。ので 数年後には落ち着いていると思います。現状、中国国内はかなり景気が悪化し始めていますよ。