最近話題の北海道の倶知安周辺に土地を持っています。 倶知安町高見と

最近話題の北海道の倶知安周辺に土地を持っています。
倶知安町高見と喜茂別町留産
最近いろいろな不動産屋、仲介業者から売却の話がきています。
売りたいのですが不安です、どうしたらいいでしょうか。 以前は、買い手もなにもなく、坪単価の提示もなく、売る準備として測量させてくれという測量会社、もしくは詐欺会社の話ばっかりだったんですが
今年ぐらいから変わりだして、すでに買い手はいるそれも複数(国内、中国、マレーシア等)坪単価も5~10万円ぐらいで、
測量の必要もないとかなり具体的また信憑性が出てきたのです。
しかし実際、会社の内容を聞くと、名前も聞いたことのない、知名度もない、またhpもないとこばかりで不安です。
ネットでいろいろ調べたら、やはりオーストラリア、中国あたりの富裕層の人達が色々買ってるらしいですね。
その中での有名な開発会社とか不動産屋ならなんら迷いませんが
無名で訳の判らないとこばかりです。どうすればいいのでしょうか。
不動産の売却は「不動産の窓口」

こんにちは
残念ながら、その話には乗らない方が良いと思います。
確かに羊蹄山山麓で国際リゾート化しているニセコにも近いの夢が現実化と思いたくなると思いますが、ニセコでもヒラフ地区など限られた地域です。喜茂別町留産は町中に近いですが近年過疎に悩んでいる町ですし、倶知安町高見は観光地として向いているとは思いません。
どうせ地目は山林でしょう。
北海道の山林価格で最寄の評価基準額のある黒松内町の山林で、25円/㎡です。都市に近い苫小牧ですら1000円/㎡くらいです。ちなみに、本当に住める宅地で1~2万/坪、ちなみに、札幌から電車で30分、駅から徒歩10分くらいのきちんとした住宅地ですら、15000円/坪です。
数10円/㎡なんて、安すぎてありえないと思うのなら、町役場に聞かれたらどうですか?
詐欺師たちは手を変え品を代えやってきます。
これまでは賢明に免れていたのでしょうが、手口を変えてきたのでしょうね。
どのような手口でやってくるか知りませんが、あまりにも旨すぎる話には落とし穴があります。
もっとも、かつて原野商法で掴まされた土地ではないですか?
1000㎡だとして、買われたときは1000万円くらい出されたのかも知れませんが、山林なら実勢価値は2~3万円です。
原野商法の土地は、周辺との境界線も不明確で、どうせ売れる土地ではありません。
「虎子を得るなら虎穴に入らずんば」ということわざもあります。
土地をタダでくれてやっても良いくらいの覚悟で臨めば、詐欺師たちの上前をはねられるかもしれませんね。
(仕返しは怖いですが・・・)
◆確かに北海道はブームですが、
仲介業者は本当にクライアントがいるわけではありません。
ほとんどの場合、1クライアントに取り巻きの仲介業者が何社もお互いの存在を知らないまま土地を探しているケースがあります。
彼らの目的は中間に入り利益を得ることなので、コミットメント出来るだけの財力も決断力もありません。
いちいち相手にしても疲れますので、
条件をつけて
1. 最終的な買い手の情報なしには取引に応じない
2. 土地を購入するための頭金を日本の銀行に預けること
3. 土地を見せるがそこへ出向く際のコスト(契約書の翻訳料金、ガスリン代、諸経費など)を先払いすること
などで本当に購入を考えているところのみを相手にするとよいです。
◆札幌、旭川 あたりの大手の不動産屋に 自分から電話して聞いてみる
多少やすくなるかもしれませんがね。